2009年04月20日

仔ギツネのお墓

久々に晴れたこの週末。朝は冷え込むけれど、日中は気持ち良いぽかぽか陽気。なので久し振りに、昨日の朝10時半頃にアロットメントまで夫と二人で出向いてみました。

うちのプロット(借りている区画)に足を踏み入れると、近頃の雨続きで雑草が茂ってどこに何があるかよく分からない状態。きょろきょろ見回している時、私の前を歩いていた夫が何かを見つけました。夫の声のトーンから何か良からぬ事だと分かったけれど、それは、頭部から出血して死んでいる仔ギツネでした。顎が完全に砕かれた状態で、目も当てられません。きっと、ここから200メートルくらいのところにある道路に出て車に轢かれてしまったんでしょう。

夫に頼んでプロットの端にとても深い穴を掘ってもらい、そこに埋めてやることに。できるだけ淡々としていようと頑張っていた私ですが、穴まで仔ギツネを運ぼうとして持ち上げ、まだ体温が残っていることに気付いた時、どっと涙が溢れてしまいました。どう見ても息絶えているのに、まだ温かいから諦めがつかない...。

道路からプロットまでの距離や怪我の程度、そして仔ギツネの首が濡れていたことから、事故の直後に母親が子ギツネの首をくわえてプロットまで運んだようです。毎年、春から秋にかけてうちのプロットで子育てをしているキツネ達がいるので、きっとその一家だろうと思います。亡くなってすぐに見つけてあげられた、というのが唯一の救いかな...。

子ギツネが眠るお墓の上には今、コーラルピンクの大きな花を咲かせるオリエンタルポピーが植わっています。

Papaver_orientale_Coral_Reef-250x250.jpg

【環境・野生動物保護 Environment & Wildlife Conservationの最新記事】

2009年04月11日

染色や注射で“改造犬”?!

イギリスは金曜日から月曜日までイースター休暇です。が、今朝は朝から雨がシトシト。雨なかなかじっとしていられないタチの私も、今日は仕方なく家にこもってまったりと過ごしています。

ネットサーフィンをしている時にふと目に留った記事があったのでご紹介。もう読まれた方もいるかもしれませんが。

染色や注射で“改造犬” 北京のペット市場" ←クリックすると記事へジャンプできます。

動物福祉の面では悪い意味でちょくちょく言及される中国ですが、これもかなり許せないと思ってしまいました。

ペットをアクセサリーとして扱う人間がいるからこそ、こういう歪んだビジネスが浮上してくるんでしょうね。

私が幼い頃は、お祭りの屋台で染色されたヒヨコが販売されたりしていましたけど、今はどうなんでしょう?
ニックネーム Eddie's mum at 23:03| Comment(4) | 日記 Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月26日

Happy 5th Gotcha Day! 家に来てから5年

今週の火曜日、3月24日はエディが家にやってきた5周年記念日でした。

この写真↓はちょうど5年前の3月26日に撮影。
IMGP0442 - small.jpg

よく餓死しなかったものだと思うくらい痩せこけていたエディ。腰回りなんかは痛々しいくらい細く、私の両掌でほぼすっぽりと覆うことができるくらいでした。当時の体重は26kgちょっとでしたが、現在の体重は37.5kgです。がく〜(落胆した顔)
当時の写真をみると耳の飾り毛も短めなので、おそらく1〜2歳程度だったんじゃないのかな、と思っています。

24日は長いお散歩と日向ぼっこを楽しみ、手作りのごはん+いつもより多めのおやつでご満悦なエディでした。犬(笑)

IMGP5376.jpg Sunbathing.jpg IMGP5381.jpg In the Garden.jpg
ニックネーム Eddie's mum at 22:47| Comment(2) | 日記 Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月24日

白鳥の災難&釣り人へのお願い

この間もちょこっと写真を紹介した、公園(GravesendにあるGordon Park)の白鳥夫婦。

IMGP5253.jpg A couple of swans in Gordon Park.jpg

毎年仲良く、越冬と繁殖のため夫婦でGravesendにやってきます。私もちょくちょく餌をあげたりして、毎朝白鳥に会うを楽しみにしているのですが、今月になって2度も、オスのほうが釣り針の被害に遭いました。

一度目は足に釣り針が刺さって貫通。RSPCAが釣り針を抜き取りました。二度目はそのたった2,3日後。のどに釣り針がささり、糸が首に絡まって出血していた(これは後ほど、釣りにくる小学生たちが意図的にやっていたことが発覚)のでまたRSPCAが来たのですが、「手術無しでは釣り針は取れない。繁殖期にメスから離すとトラウマが大きすぎる。最近の釣り針は時間が経つと分解されるから」と言って、釣り糸だけ除去して帰ってしまったそうです(お散歩仲間の言)。でも、分解されて無くなる釣り針より、ステンレスの釣り針の方がずっと多い気がするんですけど...。心配です...。

この人工池、釣りは「Fishing License(釣りの許可証)」を持っている人のみOK。でも、実際は子供から中年まで、幅広い年齢層の「許可証不所持」な釣り人でにぎわいます。魚の繁殖期間になると釣りは全面禁止。それでも無視して釣りする人が後を絶たない。夏場になると、テントを張ってそこに住み込みするグループもたくさん出現し、ゴミ(釣り用具にとどまらず、食べ物の包装や、缶、果てには使用済みのオムツまで!)をそこらじゅうに散らかしていくんです。

最近では、犬の散歩に来る人たちの多くがうんざりしているんですが、肝心のお役所が行動に出てくれないから状況も改善されない...。なんとも歯がゆいです!顔(ぷんっ) 

白鳥だけでなく、ほかの野鳥も釣り糸に絡まって何羽も死んでいるんです。顔(泣) エディも危うく釣り針が足に刺さりかけたことも。
こんな小さな公園でさえこうですから、世界中で釣り糸&釣り針の被害に遭っている動物ってどれだけ居るんだろうと考えてしまいます。

釣りをする方たち、釣り糸&釣り針はきちんと片づけてください。お願いします。自分の子供が釣り好きっていう方も、今一度釣りのマナー教育をお願いします。
ニックネーム Eddie's mum at 00:50| Comment(7) | 日記 Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月06日

2日続けてお散歩お休み

お散歩が大好きなエディ。毎朝(雨が降っている日を除いて)、起床してすぐに散歩に出かけ、1時間〜1時間半くらい歩きます。でも昨日と今日は二日続けてお散歩はお休み...。今週前半に雪の中でお散歩した際に肉球に軽い怪我をしてしまったからなんです。犬(泣)

火曜日の朝は、月曜日の午後に少し解けた雪がカチカチに。
水曜日の朝は、火曜日の午後にみぞれ状になった雪がガチガチ&ツルツルの氷板に!あまりにも歩きにくくて散歩の半ばで引き返したほどでした。

怪我は前足両方の大きな肉球の端っこ。皮がすこしめくれていて、出血はないもののしきりに舐めるので、大事を取って2日間お散歩を休みました。

かわいそうだけど、こうやって↓沢山遊べたからヨシとしようね、エディ!

IMGP5279.jpg Bum up in the air.jpg

IMGP5287.jpg Eddie flying.jpg

IMGP5288.jpg Having fun with Daddy 2 .jpg

IMGP5289.jpg Having fun with daddy 2 .jpg
ニックネーム Eddie's mum at 20:00| Comment(6) | 日記 Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする