2007年05月02日

犬を蹴る飼い主(長文) A Man Who Kicks His Dog

今朝、エディがやけに早起きして散歩をせがむフで、いつもより少し早く散歩に行きました。
いつもの散歩コースのテムズ川の河川敷を歩いていたのですが、しばらく歩いた時点で、遠くの方から怒鳴り声が聞こえました。声のする方に振り向くと、それは若い男性で、自分の犬(ラフコートのジャックラッセルテリア)に向かって怒鳴っていました。

あまりの大きな怒鳴り声に他のウォーキングしている人達も目が釘付けになる程。しかも怒鳴るだけではなく、犬を蹴っているらしく(私はど近眼なのでメガネをかけているものの遠くにいるその男性は良く見えませんでした)、悲痛な犬の叫び声が河川敷に響き渡りました。

それを聞いていたエディは怖がり、唸ったりし始めました。
エディをおやつでなだめつつも、その男性を見ていたのですが、犬は何も悪いことはせず、男性から2mほど離れたところを歩いていただけ。なのに、その男性にとってはそれが腹が立って仕方ないようで、「Come here! You stupid piece of shit!」と何回も怒鳴り続け、ちょうど私とエディの近くに来たところで最終的に犬の首をつかみ、怒鳴りながら犬の体に何回も蹴りをいれたのでした。

やっとその男性が何をしていたかはっきりと見えた時、ショックで体が冷たくなり、目の前が真っ白になった、と言えばどれほどひどい光景だったか想像できるかと思います。

唖然となりながら、何か言わなきゃ、何かしなきゃという思いが頭の中をぐるぐると回っていたのですが、男性の尋常ではない行動から、「薬物中毒者かもしれない、何か言ったら私も暴行を加えられるかもしれない」と思い、何も言えませんでした。その犬もあれほど酷く蹴られた後で歩けていたのが不思議なくらいです。

犬をリードにつなぎ、河川敷から道路へ出て去っていく男性の背中を怒りと恐怖の入り混じった気持ちで見ながら、どうしても放っておけないと感じ、後をつけることにしました。

結構長い間後を追ったのですが、小さい道から大きい道路へ出た所(角を曲がったところ)で見失ってしまいました。角を曲がってから30秒としないうちに消えたので、大体どの辺りにすんでいるのか見当は付いたものの、その一角には大きなカウンシルフラット(自治体運営のマンション)が含まれ、どうやら男性はそこに入って行った様なので、どこに住んでいるのかはっきりと突き止めるのは難しそうです。

多分、直接男性に文句を言わなかったのは懸命な行動だったと自分に言い聞かせるものの、怖くて何も言えなかった自分に腹が立ちます。

RSPCA(王立動物虐待防止協会)に通報したいのですが、男性が誰でどこに住んでいるのかはっきり分からないのでRSPCAが行動に出てくれるかは分かりません。明日も同じ時間帯に同じルートで歩き、近いうちになんとか男性の住所をつかみたいです。

これまで「完璧から程遠い飼い主」を何回も見ましたが、今日見た男性が一番ひどいです。今、こうしている間もあの犬が暴行を加えられているのではと思うと心配で堪りません...。

動物愛護国として知られる英国ですが、必ずしも動物を愛する人が他の国に比べて多い訳でなく、動物を愛する人達が実際行動を起こし、動物の福祉活動などが盛んなため(もちろんそれはとても良い事)そういうイメージがあるのでは、という気がします。
I took Eddie for a walk a bit earlier than usual this morning.
We were walking in a promenade along the Thames when I heard someone shouting really loud. I looked back to see what's happening and saw a young man with a rough-coated Jack Russel Terrier.
I couldn't see clearly (I'm very much short-sighted) but I could hear the dog screaming in pain.

Eddie was agitated by all the shouting so I was staying at where I was, giving him treats to distract him.

From what I observed, the man couldn't stand his dog walking about 2m away from him. He constantly shouted nasty things like 'You stupid piece of shit!'.

Finally the man and his dog came close to us and I could see them clearly. The man grabbed the dog's neck and kicked it several times, really, really hard. It was so bad that I went cold and felt faint when I saw it.

I was thinking to myself 'I've got to do something!' but couldn't do anything, as I was scared thinking the man could be a drug addict or a complete nutter. Clearly he was not going to be a reasonable person.

The man put his dog on leash and started to walk away from the promenade. I decided to follow him as I watched him walk away with the poor little mite (walking perfectly at the heel position).
I managed to follow him well until he turned a corner and disappeared.

Now I know more or less where he lives but the council flat I suspect he lives in is quite big. I imagine it will be difficult to locate his place.

I keep thinking about this poor dog and kicking myself for not having done anything for it.
Can RSPCA do something about it even when I can't say where exactly the man lives?
I'm going to walk around the same time on the same route tomorrow to see if I can see him again.

ニックネーム Eddie's mum at 17:51| Comment(16) | 動物福祉 Animal Welfare | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
・・・ひどい話ですね。読んでいて怒りがこみ上げました。きっとこの可哀想な犬は日常的にそういう風に扱われているんでしょうね。飼い主は選べないとはいえ、こういう話を聞く度に、生き物を飼う際には人格資格テスト?のようなものをパスすべきだと思います。

でも私ももし同じ場に出くわしても、そんな人間相手に何も言えないと思います。ひろみさんのお気持ちも分かるけど、世の中普通で考えられないような事をする人もいるので、本当に気をつけて下さいね。
Posted by KT at 2007年05月02日 21:50
エディママさん、こんにちは。ジャックラッセルテリアってチビワンですよね・・・。それを男性が蹴飛ばしてたんですか・・・?注意しなかったのは正解だと思います。そういう人って、何をするかわかりませんから・・・。もしかしたら、注意したその場で、そのワンちゃんにもっとひどいことをしてみせたかもしれません・・・。
ドイツではワンを飼うのに資格?がいると聞いたことがあります。たしかに、私もそうあるべきだと思います、面倒だから捨てちゃったり、思い通りにならないからって自分の都合で虐待したり・・・。そういう人には厳しい罰を与えるべきですよね!

もし、また遭遇して注意したい衝動に駆られても、気をつけてくださいね。
Posted by ちぃ at 2007年05月03日 03:27
KTさん☆
やさしいコメントをありがとうございます(涙)。今朝また同じ時間に同じ場所へ行ったんですが、この男性は現れませんでした。そうですよね、気をつけないと何をされるか分からないですよね...。ご心配をお掛けしました。

本当に犬を飼う人は全て資格試験にパスしないとだめって風になって欲しいです。あと、犬のしつけや訓練のコースに強制的に通わせるとか。体罰イコール訓練と思っている人も多いですから。この男性は気ちがい染みていて、訓練と思ってやっているのではなく、うさ晴らししているのは明らかでしたけど。この男性、もしかしたら子供がいたりするのかもしれない...と思うとぞっとします。

昨晩RSPCAに通報しました。RSPCAがうちのエリアのofficerに連絡し、officerが折り返しうちに電話することになってるようです。何か展開があったらご報告しますね。
Posted by Eddie's mum at 2007年05月03日 18:01
ちぃさん☆
そうです、ジャックラッセルはとっても小さい犬種です。この男性はすごく大きい、がっしりした体格の人で、しかも思いっきり蹴っていたので、犬がその場で死ななかったのが不思議なくらいです...。

ドイツは色々な面で進んだ国ですよね。犬を飼うのに資格制度を取り入れるべきだと私も思います。今のところ、ほとんどの国で動物は人の所有物扱いできちんとした規制もありませんし。
犬と一緒に暮らしたことがある人ならば、犬も人間と同じで感情がある尊い生き物だって分かると思うんですが...。動物を好き勝手に扱う人間が沢山いるのは恐ろしいです。

昨晩、RSPCAに通報したんですが、うちのエリアのRSPCA職員が調査してくれるようです。 この男性、しっかりと罰せられて欲しいです。

そうですね、確かに私が直接注意していたら余計に酷いことをしてみせたかもしれないですよね。その時は一生懸命でちゃんと考えてなかったんですけど、男性の後をつけるのも結構危険だったな...って思いました。
ご心配をお掛けしました。かーっとなって注意しないようにしますね。ありがとうございます。
Posted by Eddie's mum at 2007年05月04日 03:48
なんで、そんなことしてたのか?その男の人は、何を考えてるのか?不思議でしょうがないです。
そんな危ない人に話しかけなくて正解だと私も思います。
早く、そのワンコが安全にすごせる日々がくることを祈ります
そんな事しかできない自分が、なんかなさけないです
Posted by coty at 2007年05月04日 17:28
怒りが収まらない・・・。
掌が冷たいよ、そいつを、そのバカを
蹴り上げてやりたい!!
そんな奴と24時間閉ざされた空間の中で
過しているワンコ・・・。
すっごく心配だ・・・。

ひろみさん、辛かっただろうに、
大丈夫?そんな光景を目にして・・・。
そんな時に、何も出来ないよ、
突然、そんな状況目にして、
しかもそんな弱い物苛めの暴力男
の暴力を目の当たりにして、
何も出来やしない!!

ひろみさん、まずは自分を責めないで!
見過ごしたわけじゃない、出来ること、
勇気を出してやったんだもん!!
それ以上のことなんて誰も出来やしない!

ただ、心配だ、そのジャッキー・・・。
男は苛立つときっと蹴ってるんだよ、
蹴るだけじゃないのかもしれない・・・。

カウンシルハウス・・・それで決め付けてはいけないけど、薬中とかかも知れないね。

RSPCAも、もし似たような報告があれば
大体、この男、と絞れるはずだよ。

どうかどうか、捕まりますように。
ジャッキーに何かある前に、
一日も早く、その恐怖から、救われますように・・・。

ひろみさん、本当に大丈夫?
何も助けられなくってごめんね。


Posted by やっこ at 2007年05月06日 07:22
cotyさん☆
本当に理解に苦しむ行動ですよね...。
この世の中、動物に対する愛情を全然持たない人間が居るようで、残念ながらこういう事件が数多くあります。イギリスでの動物虐待の事件はこれまで聞いたのでも背筋が寒くなるような酷いものが沢山ありました。
私も何も出来ない自分がとっても情けなくて、腹が立って...。こんな事が起こらない世の中になって欲しいと思うのに、なかなか無くならないんですよね。
でも諦めずに自分に出来る事はやって行きたいと思います。コメント本当にありがとう!
Posted by Eddie's mum at 2007年05月07日 01:00
やっこさん☆
とっても優しい事言ってくれてありがとうね(涙)。やっこさんの肩で思いっきり泣きたい気分...。
その時はもうショックで目の前真っ白、何をして良いのか分からなくて。で、今も何をできるんだろうって考えてるんだけど...。
RSPCAはどうも気乗りのしない反応で、何もできないかもしれないです〜。みたいな事を言っていて、どうも何もしてないっぽいです。きっと人員不足で全てのケースを調査できなかったりするんだろうけど、こんな酷いケースを放っておいていいのか?とフラストレーションが溜まりまくりです。
明日はうちの自治体のDog Wardenと何とか話をしたいと思ってるんだけど、これも相手にしてもらえるかどうか。あと、うちの近所の獣医さんに話してみようかな、とも思ってるんだけどどうだろう?そのカウンシルフラットってうちの近くだから獣医に行ったこと有るとしたら、きっとこの獣医さんだと思うんだけど。
うん、きっとこの男性、いつも蹴ったり殴ったりしてるんだと思う。猫のMidoriちゃんといい、犠牲になるのは無力で罪の無い動物だったりするんだよね...。
心配かけちゃってごめんね。私は大丈夫。あのJRTのためにも、しっかりしないとね。で、自分にできることをやっていくね。本当にありがとう!
Posted by Eddie's mum at 2007年05月07日 01:19
う〜ん
最後の文章、、、。
>>動物愛護国として知られる英国ですが、必ずしも動物を愛する人が他の国に比べて多い訳でなく、動物を愛する人達が実際行動を起こし、動物の福祉活動などが盛んなため(もちろんそれはとても良い事)そういうイメージがあるのでは、という気がします。
がとても印象深いですね。っと言うのも日本でも動物保護を訴え行動している人が多いのにこんなに結果が出ないのか、、、。う〜ん 難しい。
でもイギリスにもそういう人がいるなんて驚きです。でも声をかけなくてよかったと思います。エディとひろみさんになにかあったら大変ですもの。距離を置いてあとをつけた方がいいと思いますよ。早くその人が改善されますように。無理をせずがんばってください。
Posted by MASA at 2007年05月07日 16:24
ひろみさん、その場で声をかけたりしなかったのは正解だと思います!
本当に、そういう人は何をするか分からないから、
十分、気をつけてね。
RSPCA、なかなか動いてくれない(動けない?)みたいですね。
うちの近所でも、同じようなケースが去年あったみたいで
何人かの人達が、かわるがわる通報して、やっと動いてくれたみたいです。
早く、そのジャックラッセルに平穏な日が訪れますように。。。


Posted by Seiko at 2007年05月09日 18:18
Seikoさん☆
心配してくれてどうもありがとうね。アリガト ほんと、何をするか分からないような人だった(正気に見えなかった)し、今になってみると何も言わなくて良かったんだろうと思う...。
RSPCAにまた電話したんだけど、また同じような反応で、前にも電話したことを言ってもその時どのオペレーターが対応してどんな詳細を聞いたかなどまったく分からない始末でした。また同じこと(うちの地域のオフィサーに折り返し電話させます...など)を言われたんですが待てど暮らせど連絡無し。
やっぱり何人かが別々に繰り返し通報しない限り動いてくれないのかも。Dog Wardenにも電話したんだけど、RSPCAに通報してくださいって言われた!ふらふら
本当にあのジャックラッセルがいつか幸せになるよう祈るばかりです。
Posted by Eddie's mum at 2007年05月10日 01:04
I reockn you are quite dead on with that.
Posted by BpCoImyM at 2012年11月13日 17:58
Posted by ERZODVBehdekghVSqmH at 2012年11月14日 10:17
awieBc , [url=http://aonddhcfgjen.com/]aonddhcfgjen[/url], [link=http://nabcbfpafqsc.com/]nabcbfpafqsc[/link], http://lsmquccgwyer.com/
Posted by ihDMnhSD at 2012年11月14日 14:14
Posted by pZcbtjOPLPZVoCGDn at 2012年11月16日 23:25
ydGiE6 , [url=http://twpcfspjhfnn.com/]twpcfspjhfnn[/url], [link=http://slnsqnjnupkd.com/]slnsqnjnupkd[/link], http://mfjajroyywxy.com/
Posted by tgDDSwgZ at 2012年11月17日 09:03