2009年02月24日

白鳥の災難&釣り人へのお願い

この間もちょこっと写真を紹介した、公園(GravesendにあるGordon Park)の白鳥夫婦。

IMGP5253.jpg A couple of swans in Gordon Park.jpg

毎年仲良く、越冬と繁殖のため夫婦でGravesendにやってきます。私もちょくちょく餌をあげたりして、毎朝白鳥に会うを楽しみにしているのですが、今月になって2度も、オスのほうが釣り針の被害に遭いました。

一度目は足に釣り針が刺さって貫通。RSPCAが釣り針を抜き取りました。二度目はそのたった2,3日後。のどに釣り針がささり、糸が首に絡まって出血していた(これは後ほど、釣りにくる小学生たちが意図的にやっていたことが発覚)のでまたRSPCAが来たのですが、「手術無しでは釣り針は取れない。繁殖期にメスから離すとトラウマが大きすぎる。最近の釣り針は時間が経つと分解されるから」と言って、釣り糸だけ除去して帰ってしまったそうです(お散歩仲間の言)。でも、分解されて無くなる釣り針より、ステンレスの釣り針の方がずっと多い気がするんですけど...。心配です...。

この人工池、釣りは「Fishing License(釣りの許可証)」を持っている人のみOK。でも、実際は子供から中年まで、幅広い年齢層の「許可証不所持」な釣り人でにぎわいます。魚の繁殖期間になると釣りは全面禁止。それでも無視して釣りする人が後を絶たない。夏場になると、テントを張ってそこに住み込みするグループもたくさん出現し、ゴミ(釣り用具にとどまらず、食べ物の包装や、缶、果てには使用済みのオムツまで!)をそこらじゅうに散らかしていくんです。

最近では、犬の散歩に来る人たちの多くがうんざりしているんですが、肝心のお役所が行動に出てくれないから状況も改善されない...。なんとも歯がゆいです!顔(ぷんっ) 

白鳥だけでなく、ほかの野鳥も釣り糸に絡まって何羽も死んでいるんです。顔(泣) エディも危うく釣り針が足に刺さりかけたことも。
こんな小さな公園でさえこうですから、世界中で釣り糸&釣り針の被害に遭っている動物ってどれだけ居るんだろうと考えてしまいます。

釣りをする方たち、釣り糸&釣り針はきちんと片づけてください。お願いします。自分の子供が釣り好きっていう方も、今一度釣りのマナー教育をお願いします。

ニックネーム Eddie's mum at 00:50| Comment(7) | 日記 Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うーむ。痛々しいニュースですね・・・。

今週の土曜に、ある学校での
世界各国のEndangered Animalsに
関する講義を頼まれています。そのひとつに
これについて早速取り上げてみますね。

それが終ったらマイブログでレポートします。
Posted by じょひか at 2009年02月24日 04:54
じょひかさん☆

今回は本当に心配でした...。でも今のところなんとか元気そうなので、このまま乗り切って全快して欲しいなと思ってます。

学校での講義、明日ですね(あ、インドでは今日かな?)。頑張ってください!ブログでのレポート、楽しみにしてますね。犬(笑)
Posted by Eddie's mum at 2009年02月28日 04:08
レポートしましたー。リンクも貼っておいたので、差し支えありましたら、ご一報を宜しくお願いします!
Posted by じょひか at 2009年03月11日 04:10
じょひかさん☆

レポート、お疲れ様でした〜!これからそちらにお邪魔しますね♪
Posted by Eddie's mum at 2009年03月12日 06:17
釣り人の多い川を泳ぐと、川岸に餌や釣り道具の袋などのゴミの散乱、水中にはたくさんの針とルアーと鉛の重りと糸が目につきます。
Posted by kawauso999 at 2009年03月14日 22:11
kawauso999さん☆

はじめまして!じょひかさんのブログからいらしてくれたんですよね?ありがとうございます。犬(笑)

日本でもやはり、同じような事が起きているんですね。水中にあるものなどは目につきにくいだけに余計に危険そう...。こういうエチケットって、釣りをする人から地道にキャンペーンして広めてもらうのが一番効果的なのかも、と思います。

そちらにも近々お邪魔させてもらいますね。これからもよろしくお願いします。かわいい

Posted by Eddie's mum at 2009年03月18日 01:04
はじめまして。
マナーの悪い人は嫌ですね。
Posted by ルールー at 2010年04月02日 01:52