2008年06月07日

大量に収穫...

全て遅めのスタートになってしまった今年のアロットメントですが、一つだけ、食べきれないほど収穫できているものがあります。

それは...

IMGP4760  Globe Artichokes.jpg

アーティチョークです!

イタリアやフランスで珍重されている野菜ですが、日本でも最近は食べられるようになって来てるんじゃないでしょうか?野菜といっても、食用にするのは花の蕾で、確か和名は「朝鮮アザミ」だったと思います。

私が植えているのは、2年前に種から育てたものです。今では私の背丈に近いくらい大きくなって、せっせと蕾を付けてくれてますが、あまりにも大量に出来ちゃって、食べるのが追いつきません!今もアロットメントの苗には20個くらい大きな蕾が付いています(嬉しい悲鳴!)。そのまま放置しておけば、すごーく綺麗な青い花が咲きますが、咲かせてしまうと苗が弱り、新しい蕾が出てこなくなるので収穫するようにしています。

最近はイギリスのスーパーでも出回るようになったアーティチョークですが、好き嫌いがはっきり分かれるようですね。味はなんとも形容し難いですが、独特の甘みがあって、私は大好きです。顔(イヒヒ)

またアロットメントに行った時に写真を撮ってきま〜す。

ニックネーム Eddie's mum at 17:35| Comment(4) | 園芸 Gardening | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
へ〜〜〜〜exclamation×2アーティチョーク、そんなに大収穫なんですかexclamation羨ましいですぴかぴか(新しい)
高級食材なので滅多に食べませんが、野菜嫌いな私でも美味しいと思う野菜ですかわいい
イギリスならではの変わった食べ方とかあったら是非レシピをアップしてくださ〜いるんるん
Posted by ちぃ at 2008年06月09日 00:42
食べてみたい〜です。でも、見かけたことがないです・・・イセタンいかないとないかしら?
Posted by coty at 2008年06月09日 16:55
ちぃさん☆

お〜〜!!!ちぃさんはアーティチョーク好きですか?美味しいですよねー♪
うちの夫は最初苦手だったんですけど、最近やっと食べるようになりました。私も最初から好きだったわけではなくて、段々と美味しいなと思えるようになりました。

イギリスではアーティチョーク、あまり馴染みのない食材なんですよ。フランスに近いのに何故?って感じですけどね...。浸透度は多分、日本と同じ位じゃないでしょうか。

私が良くやるのは、小さめな蕾の中心の柔らかい部分を煮たものです(にんにく、オリーブオイル、水少しと一緒に鍋に入れて、アーティチョークが柔らかくなって水気もほとんど飛んだら塩コショウで味付け)。あと、そうやって煮たものをトマトソースのパスタに入れたりするのが好きです!レストラン

丸ごと茹でて食べるのも好きですけど、前に調理して、さあ食べようと剥き始めたらアブラムシが沢山付いててぞっとしたことがあって、今はもっぱら中心の綺麗な所だけ食べてます(笑)。

ちぃさんが近くにいたらお裾分けできるのに〜。好きでも毎日食べるわけに行かないし、イギリスの人にあげようとしても、「どうやって食べたら良いか分からないから...」って断られるんですよ(苦笑)。

何とか保存したいなぁと思っている所です♪
Posted by Eddie's mum at 2008年06月10日 22:44
cotyさん☆

cotyさんはアーティチョーク未経験なんですね!お裾分けできたらなぁ〜!育ててみたら余りにも簡単で、おまけにすごい豊作なんで、なんで高級素材として扱われてるのか疑問に思ってしまいます。
もしお手頃な値段で見つかったら、是非試して見て下さいね。日本だと瓶詰めの方が見つけ易いかも知れないです。味は生の物とはちょっと違いますが、イギリスでも瓶詰めの方が一般的で、安めだったりしますよ。
Posted by Eddie's mum at 2008年06月10日 22:53